お問い合わせ
Twitter

遺品整理で起こりやすいトラブル5選!トラブルを未然に防ぐ方法も紹介!

遺品整理を業者に依頼したいと考えている方はたくさんいるでしょう。
専門の知識と経験を持った優良業者に依頼をすることで、自分の負担を軽減しながら遺品整理を行えます。
しかし、業者選びを間違えてしまうと、様々なトラブルに巻き込まれる可能性が高くなってしまうのです。

そこでこの記事では、遺品整理で起こりやすいトラブルと、トラブルを未然に防ぐ方法について詳しく解説していきます。

 

・遺品整理で実際に合ったトラブル5選!

まずは、遺品整理で実際に合ったトラブルを5つ紹介していきます。
これから紹介するトラブルは決して他人事ではなく、誰にでも起こり得ることですので、しっかりと頭に入れておくようにしましょう。

・・見積もりよりも金額が高い

遺品整理でよくあるのは、
「見積もりよりも金額が高い」
というトラブルです。

例えば、
「作業が全て終了してから様々な理由をつけられて追加費用を請求された」
「見積もりになかった費用項目を後から精算するように言われた」
などです。

・・遺品の窃盗

続いては遺品の窃盗です。
遺品整理をしていると、かなり価値のある品が出てくることもあります。
例えば、
・切手
・宝石
・絵画
・骨董品
などです。

これらの品物は買取りを行ってもらうことで、現金化することができます。
しかし、中にはこれらの高価な品物を盗もうとする悪質な業者も存在しているのです。

・・高額な品を安く買い叩かれた

遺品整理業者の中には、同時に買取りを行ってくれるところもあります。
このような業者を活用することで、遺品整理をしながら価値のある品物を現金に換えることができますので、かなり便利です。

ただ、悪質な業者の中には相場よりもかなり安い金額で買い叩こうとする所もあるのです。

相場をある程度把握している方であれば、売却をしないという判断ができるかもしれませんが、相場観がわからない方の場合、
「そんなものなのか」
と相場とかけ離れた金額で納得してしまうケースもあります。

後から正しい金額に気づき、
「返してくれ」
と言っても応じてもらえないことがあるため、注意が必要です。

・・遺品の不法投棄

遺品整理で出た不用品については、各地域のルールに従った処分をする必要があります。
しかし、中には不用品を山や道端に放置してしまう悪質業者も存在しているのです。
こう聞くと、
「遺品の不法投棄は業者の責任でしょ?」
と考える人もいると思います。

もちろん不法投棄をした業者に一番責任があるのですが、警察は不用品の持ち主を探す所から始めますので、自宅に警察から連絡が来ることもあるのです。

・・遺品を勝手に処分された

「大切な遺品を勝手に処分されていた」
このようなトラブルも比較的頻繁に発生しています。

例えば、
・形見分けしようと思っていた遺品まで処分されてしまった
・買取り査定を依頼しようと思っていた遺品まで処分されてしまった
というようなケースです。

訪問見積もりを担当してくれたスタッフと、回収に来たスタッフが違う場合、このようなトラブルが発生しやすいため、しっかりと打ち合わせをしておかなければなりません。

 

・遺品整理でのトラブルを未然に防ぐためにはどうすればいいの?

では、遺品整理でのトラブルを未然に防ぐためには一体どうすればいいのでしょうか。

・・実績のある優良業者を選ぶ

遺品整理の実績が豊富で、遺品整理士の資格を持つスタッフが在籍している業者に依頼をすることができれば、このようなトラブルを未然に回避できます。
優良業者の場合は、依頼者に寄り添った対応をしてくれますし、必要な許可や資格などもしっかりと取得したうえで業務を遂行しています。

そのため、遺品の処分先の心配や、追加料金(ぼったくり)の心配もなく、安心して依頼することができるのです。

・・見積もりは複数社から取る

遺品整理でのトラブルを防ぐためには、複数の業者から見積もりを取ることが大切です。
複数の業者から見積もりを取ることで、費用相場を把握することができますし、各業者のサービス内容なども把握することができます。

全ての見積もりをしっかりと確認して、自分が求めるサービスを予算内で行ってくれる業者を選んでいくことが大切です。

また、悪質な業者は、あえて見積もりを曖昧に記載し、作業が終了してから追加費用を請求することもあります。
そのため、見積もりを確認する時には、
「料金の内訳がしっかりと記載されているか?」
ということも確認しましょう。

・・当日は複数人で立ち会いを行う

遺品整理業者に依頼をした場合、業者が遺品の運び出し積み込み、仕分けなどを行ってくれますので、自分がやるべきことはほとんどありません。
ただ、全て業者に任せきりにしてしまうと、
・遺品の盗難
・必要な遺品を勝手に処分されてしまう
というようなトラブルに巻き込まれる可能性が高くなりますので、当日は複数人で立ち会いを行うということもおすすめです。

・・処分したくない遺品は事前に保管しておく

事前に処分したくない、すべきでない遺品がわかっているのであれば、遺品整理当日までに別の場所に保管しておきましょう。
そうすることで、業者に盗まれてしまう可能性も、壊されてしまう可能性もなくなりますので、安心して任せることができます。

 

・優良な遺品整理業者ってどうやって見つければいいの?

最後に、優良な遺品整理業者の見つけ方について、詳しく解説していきます。

・・まずはHPをチェック

優良な遺品整理業者に依頼したいと思っていても、見つけた方がわからず苦戦してしまっている方も多いでしょう。
その場合は、各業者のHPを確認してみましょう。

悪質な業者の場合、HPがかなり簡素化されていたり、そもそもHPが無かったりすることもあるのです。

一方、優良な遺品整理業者は、HPがかなり作りこまれていて、
・取得している資格や許可の一覧
・遺品整理士の有無
・実績紹介
・料金
・企業情報
などがしっかりと記載されています。

・・電話で問い合わせをして対応の丁寧さを確認する

遺品整理業者の目星がついたら、実際に電話で問い合わせをして対応の質を確認してみましょう。
かなり丁寧な対応で、こちらの質問にもしっかりと答えてくれる場合は、優良な業者である可能性が高いです。

逆に、
・対応が雑
・質問への答えが曖昧
など、対応に違和感があった場合は、作業の質も怪しいと言えますので、慎重に検討していくようにしましょう。

・万が一遺品整理でトラブルに巻き込まれたら?
万が一遺品整理でトラブルに巻き込まれてしまった場合は、
・消費生活センター
・国民生活センター
・弁護士
・警察
などに相談するようにしましょう。

中には、遺品整理で発生したトラブルを何とか自力で解決しようと考える方もいるのですが、これは非常に難しいことです。
専門家の力を借りることで、適切なアドバイスや助言をもらうことができますので、気軽に相談してみてください。

 

・まとめ

遺品整理を業者に依頼するメリットはたくさんありますが、依頼する業者を間違えてしまうと、様々なトラブルに巻き込まれてしまいます。
そのため、これから遺品整理を依頼する予定の方は、今回紹介したことを参考にしながら、優良業者を見つけて依頼するようにしましょう。
「どの業者が良いかわからない」
という方は、是非「カメシタ」までご連絡ください。

遺品整理士の資格を持つ専門スタッフが、まごころ込めてお手伝いさせていただきます。

 

身近な「まごころ整理」「まごころ清掃」のカメシタ 

身近な「まごころ整理」「まごころ清掃」のカメシタ岐阜 

身近な「まごころ整理」「まごころ清掃」のカメシタ名北

身近な「まごころ整理」「まごころ清掃」のカメシタ三河

身近な「まごころ整理」「まごころ清掃」のカメシタ名東

身近な「まごころ整理」「まごころ清掃」の九州カメシタ

除菌消臭のプロ専門業者 K-team(ケイチーム)

空き家・家屋解体の無料相談窓口

東海3県~愛知県・岐阜県・三重県~ 九州エリア~鹿児島県~

スケジュールに空きがあれば即日の対応も可能。お見積り無料です。

 

遺品整理、生前整理、空き家整理、ゴミ屋敷、汚部屋、特殊清掃(事故現場・孤独死現場)、

ウイルスの除菌消臭(新型コロナ対応)、ペット臭(猫屋敷など)、不用品買取値引き、解体前や退去前の残置整理 etc…

自転車・バイク・仏壇・神棚・マットレス・シンク・物干し台・物置の解体、撤去・エアコンの取外し・庭木の伐採・草刈りなどなんでもご相談ください!

 

TEL:0120-379-540 担当者直通:070-1327-8548

メール・LINEからは、24時間365日ご相談を受け付けしております。

TwitterInstagramも日々更新中♪

ブログ一覧へ >
カメシタの新型コロナ感染対策