お問い合わせ

身近な「まごころ整理」「まごころ清掃」のカメシタの遺品整理に関する想い

近年、「高齢化社会」「核家族化による孤独死」など社会問題化され、亡くなった後に起こりうる問題があります。それは簡単に申しますと「遺品整理」となります。
人それぞれの生き方・家族構成・社会との交流などにより「遺品整理」の考え方も異なってきます。
しかし私たちカメシタでは、全ての人が生きてきた証として少しでも何かのお役に立ちたい想いで、まごころ込めた活動の場を広げていきたいと考えております。

私たちが実際に活動を通じて直面したり、色んな方にお話を伺ったり、メディアでの報道で見聞きしたりの中で、昔は家族や近所の方の協力や助けで「遺品整理」という言葉が浸透していなかった時代でも当たり前のように自然な形で「故人の生きた証を整理する=遺品整理」が行われてきました。

しかし近年では「核家族化」してきた関係上、実家を離れ暮らす家族が増えてきました。その家族にも新しい家族が増え生活のための仕事をしながら暮らしています。そこに舞い込んでくる突然の出来事に精神的な悲しみは計りきれません。離れて暮らす遺族にとっては悲しみだけではなく現実的な問題として「各種手続き・片付け整理」などもございます。

精神的に辛い中での現実的な作業・・・想像以上に大変だと沢山の方から耳にします。

遺族の方(依頼者の方)にも生活があり、そう長く時間も作れない問題。悲しみが大きく精神的な負担の問題。などにより精神的にも肉体的にも大きく負担が現実な事となります。

その際の故人の想いいれの品などの整理をする時は「思い出」「想い」などの気持ちが沸き上がってきて作業がなかなか進みません。形見分けの品・大切な物・大切な書類・思い出や故人を思い出す写真など・・・どれも大切な遺品です。

しかし分別して整理しなければ全てを残しておくわけにもいかない現実があります。

精神的な問題・肉体的な問題・・・
遺族の立場を自分に置き換えてみても非常に大変な現実が想像できるのです。

私たちカメシタは、一般社団法人遺品整理士認定協会に加盟をし遺品整理に関する教育を受けております。受講し資格も取得し更に自社のまごころ研修により「遺品整理」に関する専門家としての知識や経験を積み重ねております。

全ての業者様が悪いとは申しませんが、結果的に悪徳な被害に合うと言う考えられない事例も耳にします。そのような心無い業者は故人の想いいれのある品などを「ゴミ扱い」「お宝が眠ってないか?」「雑な作業」「不法投棄」「法外な料金の請求」などの行為を致します。

非常に心が痛みます。絶対にこのような事はあってはなりません。私たちが加盟している協会や加盟団体も一丸となって悪徳業者の撲滅に努めておりますが、このような被害が後を絶ちません。くれぐれも注意して頂きたいです。料金の高い安いも重要ですが、それ以上に作業に関する知識や心構えなど依頼者(遺族)の為・故人に対する想いの為に如何に行動が出来るかが重要だと思います。

人生において何度も遭遇する事でもありません。重要なのは一つの区切りとして故人に対して最後に出来る生きた証に対する整理なのです。故人に対する供養の始まりでもあります。上手な言葉が見つかりませんが「気持ちよく・心も晴れる」様な遺品整理も重要だと思います。是非とも嫌な気持ちにならない様な業者選びも慎重に行ってください。

一般社団法人遺品整理士認定協会に加盟している遺品整理士としての教育を受けた業者を選んでいただけたら幸いです。私たち加盟団体・遺品整理士の有資格者は自分達に出来る事を精一杯考え一生懸命に活動いたします。

遺品整理に関する想いとして最後に…

誰もが遭遇してしまう現実問題。もし遺品整理に関して考えなければいけない時が来たら、自分の為にも故人の為にも「無理せず出来る事・方法」を慎重にお考え下さい。いろいろと情報の収集もしてみてください。

変な業者には依頼しないで嫌な思いや後悔は避けてください。精神的にも肉体的にも大変な負担が掛かりますが、自分の為にも故人の為にも心ある行動で気持ちよく区切れたら故人も天国で喜んでいただける事だと思います。

突然の事で、分からないことや不安なことがあれば御連絡下さい。まごころ込めた私たちの知識や活動が何かのお役に立てれば幸いです。